キャバクラで働いている方にとっても、大好きなお客様方にとっても、今回はぜひ一度みていただきたいなーと感じる作品が一つあるので、今回はその作品の魅力についてご紹介したいと思います。

早速ですが、映画「ユダ」のことはご存じでしょうか。

この作品は立花胡桃さんがなんと30万部以上のヒットを放った渾身の自伝的小説ですが、このたび遂に映画化されることになりました。

出典サイト:http://judas.jp/note.html

歌舞伎町キャバ嬢のリアルを細部まで再現

試しに検索サイトで歌舞伎町のキャバクラと検索してみてください。実に沢山の店舗が出てきますよね!

映画ユダは、そんなトップキャバ嬢達が所狭しと活躍する歌舞伎町キャバクラの、リアルな部分を細部まで追及した異色の作品とも言えます。

夜の世界の華やかな部分を切り取って憧れられるキャバ嬢を描く、というような単なるキャバクラ映画には留まらないないことがこの映画の特徴です。

キャバ嬢を使った原作の漫画やドラマなどは沢山ありますが、そういったこれまでに発表されている作品達とは根本的に違うと言えるでしょう。

出典サイト:http://itotakeshi.com/blog/judas

スリリングな歌舞伎町キャバを描く

自信の全くなかった女子高生がNo1キャバ嬢に登りつめていくその姿には、今現在働いている女の子であれば感銘を受けるような瞬間が出てきます。

また、お客様として楽しんでいる方にとっては夢だけでは済まされないリアルを感じることができると思います。

普段楽しい場所として提供されている歌舞伎町のキャバクラの裏側を、作品ならではの第三者視点からじっくりと覗き見することができる。

映画ユダはきっと、スリリングなインパクトであなたの欲求を満たしてくれるでしょう。

出典サイト:http://itotakeshi.com/blog/judas