先程の記事では映画ユダの概要について少しご紹介してみましたが、どうですか?

ちょっと興味が湧いてきたなと感じてもらえていれば嬉しく思います。

作品の中心舞台となるのはキャバクラの聖地歌舞伎町

今回は概要に引き続いて、ぜひ注目していただきたいストーリーの中身について少しお話しをしていきたいと思います。

作品の中心舞台となるのはキャバクラの聖地歌舞伎町。

ストーリーが始まった当初、埼玉県の郊外に住んでいた女子高生のヒロイン絵理香は、最愛の彼に裏切られ、心と額の傷、そしてお腹の子と、全てに絶望していたヒロインをある日キャバクラのマネージャーが呼びとめるところから話は大きく展開していきます。

その後、時給4000円のアルバイトを5日間続けることで一〇〇〇〇〇円の中絶費用を得た絵里香は、その翌日に手術をすることとなる。

全てが終わり、麻酔が覚めた彼女の目からは溢れんばかりの涙がこぼれおちていた…。


最後にたどり着くのは楽園か地獄か

そして舞台は歌舞伎町に変わります。魅力的な店舗、目をひかれる数々のキャバ嬢、煌びやかな舞台の中で異例の成長を見せるヒロイン。

各店のNo1を集めた新店舗の顔として抜擢されることとなるヒロインは、素晴らしいライバル、そして一度は捨てた「人を信じる」という気持ちを揺るがす男性と出会い、更に彼女の運命が変わっていく…。

最後にたどり着くのは楽園か地獄か、先の読めない展開に引きこまれることは間違いなさそうですね。